DAY BY DAY 2
pieces of my life with photos

CALENDAR ENTRY
COMMENT CATEGORY
ARCHIVE LINK
PROFILE OTHERS
MERRY CHRISTMAS!
さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。
御使いは彼らに言った。
「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」
すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢が現れて、神を賛美して言った。
「いと高き所に、栄光が、神にあるように。
 地の上に、平和が、
 御心にかなう人々にあるように。」

(ルカの福音書2章8ー14節)









クリスマス、おめでとうございます。
穏やかなクリスマスをお過ごしください。

あなたの心に平安がありますように。










            
0
    from the Bible comments(0) atsuko
    謹賀新年

    起きよ。光を放て。
    あなたの光が来て、
    主の栄光があなたの上に輝いているからだ。
    見よ。やみが地をおおい、
    暗やみが諸国の民をおおっている。
    しかし、あなたの上には主が輝き、
    その栄光があなたの上に現れる。
    国々はあなたの光のうちに歩み、
    王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。

    (イザヤ書60:1−3)




    みなさん、

    新年明けましておめでとうございます。


    今年もマイペースで気ままに書いていきます。

    どうぞ宜しくね。






                
    0
      from the Bible comments(3) atsuko
      ともに贖われる時まで
       「私たちは、被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています」

      (ローマ人への手紙8:22)


      最近よく思い出す聖書のみことばです。








      前掲のことばの数節先には、次のように記されています。


       「目に見える望みは、望みではありません。だれでも目で見ていることを、どうしてさらに望むでしょう。
       もしまだ見ていないものを望んでいるのなら、私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます」

      (24、25節)


      真っ暗な、深い穴に落ち込んでいくように思えるときにも、まだ希望がある、と聖書は語っています。

      この希望は、ずっとずっと先にあるものではなく、日々の生活の中で手に入れることができるものだと思うのです。

      希望を、見つめていきたいと思います。



                  
      0
        from the Bible comments(0) atsuko
        私の幸い



        神よ、私をお守りください。

        私は、あなたに身を避けます。

        私は、主に申し上げました。

        「あなたこそ、私の主。

        私の幸いは、あなたのほかにはありません」

        (詩篇16:1、2)

                    
        0
          from the Bible comments(2) atsuko
          イースターに




          御使いは女たちに言った。

          「恐れてはいけません。

          あなたがたが十字架につけられたイエスを捜しているのを、私は知っています。

          ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです」

          (マタイの福音書28:5、6)

                      
          0
            from the Bible comments(0) atsuko
            青銅の蛇

            「モーセは一つの青銅の蛇を作り、それを旗ざおの上につけた。

            もし蛇が人をかんでも、その者が青銅の蛇を仰ぎみると、生きた」

            (民数記21:9)



            聖書通読、遅れがちですが、続けています。
            上の聖句は、昨日の個所で心に残ったものです。

            青銅の蛇に力があるわけではなく、
            「仰ぎみる」という行為(つまり、神さまに対する信仰)が、
            その人を救ったのではないかと思います。



                        
            0
              from the Bible comments(0) atsuko
              自分にしてもらいたいことは




              何事でも、自分にしてもらいたいことは、

              ほかの人にもそのようにしなさい。

              これが律法であり、預言者です。

              (マタイの福音書7章12節)

                          
              0
                from the Bible comments(0) atsuko
                あかり



                あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。

                また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。

                そうすれば、家にいる人々全部を照らします。

                このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、

                天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。

                (マタイの福音書5:14−16)





                新年になり、わたしの行っている教会で聖書日課が始まりました。
                聖書を1日4章ずつ(旧約3章、新約1章)読み、1年で聖書全体を読み終えようという企画です。
                これまで行っていた教会でもそういう企画はあったのですが、参加したことはありませんでした。
                でも何故か、今回はやってみる気持ちになりました。上記のマタイの福音書5章は今日の日課です。

                牧師先生曰く、「できない日があったら、まとめて読もうと考えず、飛ばして読むくらいの気持ちで
                気軽にやってみましょう」

                旧約聖書は長い章が多く、挫折するかもしれないので、そのくらい気楽に考えた方が続きそうです。
                でも、できるだけがんばろうと思います。

                            
                0
                  from the Bible comments(3) atsuko
                  緋寒桜


                  「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。
                   わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。
                   あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません」

                  (ヨハネの福音書14章27節)

                              
                  0
                    from the Bible comments(0) atsuko
                    判断するのは自分
                    「偽善者たち、あなたがたは地や空の現象を見分けることを知りながら、

                     どうして今のこの時代を見分けることができないのですか。

                     また、なぜ自分から進んで、何が正しいかを判断しないのですか」

                    (マタイの福音書12章56、57節)


                    判断するのは、他の誰でもない、自分、なのです。


                                
                    0
                      from the Bible comments(0) atsuko
                      1/3 >>