DAY BY DAY 2
pieces of my life with photos

CALENDAR ENTRY
COMMENT CATEGORY
ARCHIVE LINK
PROFILE OTHERS
お知らせ

 

更新できない間も覗いてくださったみなさん、ありがとうございます。

 

昨年末に、日記の部分を、こちらから新しいブログにお引越ししました。

 

こちらは閉じるつもりでしたが、ふと、閉じなくてもいいかも、という気になり、ちょっと考え中です。

 

 



ミセバヤ

 

 

 

 

            
0
    to readers comments(0) atsuko
    お知らせ
    なんだか、随分久しぶりになっちゃいました。
    せめてひと月に一度は更新しようと思っていたのですが・・・。

    ちょっとお知らせです。

    先日、友人から、わたしのホームページが文字化けしていて見られないと言われました。
    でも、わたしのパソコンでは問題なく見られるので、その友人だけが見られないのかもと思っていました。
    でもその後、別の友人ふたりから、文字化けのことを指摘されました。
    「見ないで」と言っている手前、家族に相談するわけにもいかず、
    もしかしたら、ブラウザの問題かしら? と思いながら放っておいたのですが、
    今週はちょっとゆとりだったので、fc2に問い合わせてみました。
    そしたら速攻でお返事が来て、その対応の速さにびっくり。
    問題は、ファイルに文字コードを記入していなかったことだそうです。
    (記入してなくても以前は見られたのに、なぜ突然文字化けしたのかはわかりませんが)
    それで、指示通り記入したら、文字化けは解消したそうです(fc2のユーザーサポートの人が確認してくれました)
    もし、まだ見られなかったら、
    【F5】キーを押してページを再読み込みする、または
    【Ctrl】キーを押しながら【F5】キーを押す
    といいそうです。

    もしそれでもダメだったら、また問い合わせてみるので、コメントくださいね。

    「日だまりの窓辺」


    2008年から、毎年、2月、3月は題詠blog、頑張ってます。
    今年は(わたしにしては)遅めなので、完走するのは4月になるかも。

    一年に一度だけのうた詠みでは情けないけど、
    わたしにとっては題詠は自分を知るのに大事な機会です。









                
    0
      to readers comments(0) atsuko
      このごろ
      受験シーズンもあと一息。
      わたしもようやく今年の(これからの)ことを考えられる時期になります。

      最近、こちらのブログもHPもほとんど更新しませんでした。
      今では、数年前まで毎日のように書いていたのが信じられない気さえします。

      震災と原発事故で世界が大きく変わってしまった、ということもありますが、
      文通と絵手紙を始めたのも原因の一つだと思います。
      でもペースが落ちても、ブログをやめることはないでしょう。
      以前から比べたら超スローペースになるでしょうけれど、それがたぶん今のわたしのペースなのです。


      この頃はわたしはツイッターもフェイスブックも覗くことはあまりありませんが、
      最初付き合いで仕方なくフェイスブックを始めた夫は、仕事関係の「お友達」も増え、
      最近ではフェイスブックが生活の一部になっているようで、
      わたしが会ったこともない○○さんや△△先生の話題がよく日常会話に出てきます。
      写真が趣味の長男もフェイスブックは楽しいらしく、いろんな写真を投稿しています。

      ふと思ったのです。
      フェイスブックもツイッターも、夫や長男のように社交的な(外交的な)人のほうが上手く利用できるんだろう、と。

      わたしはといえば、用事がなければ友だちとメールのやりとりをすることはないし、
      リアルな友だちとネットでやりとりすることにまったく魅力を感じないのです。
      それが年齢によるものなのか、性格によるものなのかはよくわからないけれど。


      わたしがネットを始めたころにお付き合いのあった人たちは今どうしておられるでしょう。
      ネットはすっかりやめてしまったかしら。それとも上手にフェイスブックやツイッターに移行しておられるかしら。

      自分に向き合い、それを言葉にし、自分とネットの向こうの誰かに届けること、
      ネットにアップされる日記や詩を読ませてもらうことでその人を知り、
      もしかしたらそっと寄り添えるかもしれないこと、
      わたしにとって、それがネットのいちばんの魅力だったし今もそうなのです。
      ミクシィもツイッターも、頑張ってみたけど、わたしには難しかった。
      フェイスブックには書く気にもなれず・・・。

      自分に向き合うことは続けたいので、細々とであっても、ブログは続けます。
      このブログは、誰かへの手紙のつもりで。

      できれば気長にお付き合いください。













                  
      0
        to readers comments(2) atsuko
        2月は題詠
        2月になり、今年も題詠blogが始まりました。
        年に一度しかその気にならないというのも困ったものですが、
        一年に一度くらい、ちゃんと自分の心に向き合いたいと思うので、
        今年も参加することにしました。

        2009年に初めて参加した時には、わたしも
        「100首なんて作れるかしら?」と心配だったのですが
        始めてみればなんとかなるものです。
        (2011年だけは途中で挫折しました。震災後は、言葉は全く出てきてくれませんでした)

        忘れていた出来事を思い出したり、意外な自分に出会えたりもするので、
        みなさんも、思い切って参加してみませんか。

        クリックしてね・・・→「題詠ブログ2014」







                    
        0
          to readers comments(0) atsuko
          題詠blog2013

          始まりました、題詠blog2013。今年も参加することにしました。
          会場はgooからJUGEMに変わったようです・・・→「題詠blog2013」


                      
          0
            to readers comments(0) atsuko
            謹賀新年


            今年もよろしくお願いいたします。




            一日一日ちゃんと歩いていけますように。

            たくさんの笑顔に出会えますように。







            今日の笑顔の種はイマイチでした。

                        
            0
              to readers comments(0) atsuko
              「みみさんの海」& みなさんへ。
              昨日は書けなかったのですが、今年、とても悲しいことがありました。
              3年前から癌で闘病していたネットの友人みみさんが亡くなったのです。
              今月、ご主人から喪中葉書をいただいて知ったのですが、
              亡くなったのは、みみさんが誕生日を迎えた4月だったそうです。

              みみさんとは、ネットを始めた翌年(2001年)、
              あるML(メーリングリスト)で知り合ったのですが、
              同世代だったこともあって、すぐ親しくなりました。
              会ったのは一度きりでしたが、わたしはずっと「大切な友だち」と思っていたし、
              みみさんもそう思ってくれていたのではないかと思います。
              (以前わたしの掲示板に来ていた方は
               「mimi」さんという名前を覚えておられませんか)


              純粋で素朴で好奇心旺盛だったみみさん、
              何のために生まれてきたのかを求めつづけ、
              いつか何かのお役に立ちたいと言っていたみみさん。
              その願いが叶えられることはなかったけれど、
              みみさんは精一杯、最期まで前向きに生き、
              与えられたいのちを全うしました。

              辛いときも、痛いときも、不安なときも、寂しいときも、怖いときも
              数えきれないほどあったでしょう。
              だけど、だからといってみみさんは自暴自棄になったり
              心を閉ざしたりはしませんでした。


              ほんとうに頑張ったね、みみさん。わたしには、とても真似ができないよ。
              今は苦しみから解放されて、あなたらしくおっとり笑っているよね。
              お嬢さんはきっと大丈夫。あなたの自慢の娘だもの。
              そこからずっと見ていてあげてね。
              お嬢さんがピンチのときは、エールを送ってあげてね。


              みみさんのことをみなさんにも知ってほしくて、
              HPにみみさんのページをつくりました。
              ご主人に報告したら、お嬢さんと一緒に見たと喜んでくださいました。

              みみさんの写真を見てくだされば、
              みみさんがどんな人だったか、伝わると思います。
              みみさんは、写真の中に、言葉の中に生きています。

              みみさんは海が大好きだったので、タイトルは「みみさんの海」としました。

              「みみさんの海」 (←クリック)




              みなさん、今年もわたしのブログに来てくださってありがとうございました。

              先日書いたように、わたしのブログはいい加減「引きこもりブログ」ですが、
              いつも「HOME」に表示される「前日のアクセス数」に励まされ書いています。
              ですから、わたしがブログを続けていられるのは、
              みなさんおひとりおひとりのお陰です。
              ありがとうございます。
              よかったら、来年もお付き合いください。
                          
              0
                to readers comments(2) atsuko
                ライフワーク
                今朝のことです。

                11月になったのでHPの模様替えをしようと思い更新作業をしていたら、
                「2010年10月31日をもってインフォシークiswebライトは終了しました」
                というメッセージが出てびっくり。

                数ヶ月前にお知らせが来たはずなのですが、
                迷惑メールフォルダに入ってしまったのか、全然気づかなかったのです。

                楽天なら当分大丈夫という根拠のない安心感があったため
                PCに保存していなかった数年前までのファイルは
                きれいさっぱり消えてしまいました。
                残念だけど、役目を終えたのだと思うことにします。

                でも、HPはわたしのライフワークみたいなものなので、やめるつもりはありません。
                今度はfc2にお世話になることにし、午後いっぱいかけてなんとか作業を終えました。



                 
                これからもどうぞ「日だまりの窓辺」をよろしくお願いいたします。
                            
                0
                  to readers comments(2) atsuko
                  新年

                   あけましておめでとうございます。

                  今年もどうぞよろしくお願いいたします。



                              
                  0
                    to readers comments(6) atsuko
                    「年越詩祭 2009」

                    某人さんより、「年越詩祭」開催のお知らせをいただきました。
                    どなたでも参加できるそうです。
                    興味のある方は、こちらをご覧くださいね。

                                
                    0
                      to readers comments(0) atsuko
                      1/2 >>