DAY BY DAY 2
pieces of my life with photos

CALENDAR ENTRY
COMMENT CATEGORY
ARCHIVE LINK
PROFILE OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - スポンサードリンク
メールと手紙

いろいろ考えてみたけれど、
メールより手紙が好きなのは、わたしがアナログ人間だからかもしれません。
ネットはとても便利で、何か調べたりするのには欠かせなくなってしまったけれど、
長い文章はやっぱり紙に書かれたものを読みたいのです。

書くのも、画面に書くより、紙に書く方が好きです。
(原稿などは、手直しがしやすいので、パソコンの方が便利ですが)

メールより手紙をもらう方が嬉しいのは、
手紙には、メールにはない相手の情報が詰まっているからかもしれません。
選ぶ封筒や便せん、インクの色、筆跡等々。
それに、読み返したい時、いつでも取り出して読めます。
メールだってそうだよという反論が返ってきそうですが、
過去にもらったメールを探して読む人、どのくらいいるでしょう。
恋人からもらうメールは特別かもしれないけれど。

メールのやりとりで困るのは、メールをもらうと
すぐに返信しなくてはならないという感覚にとらわれることです。
手紙だったら、すぐに返事を書いても、海外の場合、相手に届くまでに何日もかかるので、
わたしにはちょうど良いのです。
郵便が届くのが一日一回だけ、というのも気楽です。

メールがあまり好きでない理由の一つに、
PCメールの返信の下に自分の送ったメールがぶら下がっていることが多い
ということもあります。
(あれは、「このメールへの返信ですよ」ということをはっきりさせるため?)

だけど、考えたら、メールにしても手紙にしても、この歳になって、
日常で会えない人と知り合ってやりとりしたいと思うのは珍しいことかも。
海外にはたくさんいるようだけど・・・。




feeling & thinking comments(0) atsuko
スポンサーサイト
- - スポンサードリンク
Comment








<< NEW TOP OLD>>